/

この記事は会員限定です

スタートアップ育成、苦しさ透ける年金活用案

千葉大史

[有料会員限定]

4月、厚生労働省幹部が岸田文雄首相肝煎りの「新しい資本主義実現会議」の資料をみながら首をかしげていた。「政府はルール上、投資を直接指示できないのに一体どんな仕組みにするつもりなんだろう」

幹部が手にしていたのはスタートアップ育成に関する論点案の文面。「GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)等の長期運用資金がベンチャー投資やインフラ整備などに循環する流れを構築するべきではないか」と記載している...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り476文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

霞が関ノート

霞が関を日々取材する記者たちが政策づくりの現場の息づかいを伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン