/

立民、フジHD幹部の国会招致求める 外資規制違反疑い

自民の森山国対委員長(左)と立民の安住国対委員長

立憲民主党の安住淳国会対策委員長は6日、国会内で自民党の森山裕国対委員長と会談した。安住氏はフジ・メディア・ホールディングス(HD)が放送法で定める外資規制に違反していた疑いについて、金光修社長ら経営幹部の国会招致を求めた。

安住氏は会談後の記者会見で「地上波をもつのは社会的責任を負う。過去のこととはいえ、今後本格的に国会で調査が必要だ」と述べた。武田良太総務相は同日の記者会見で「(総務省に)徹底的に調査するよう指示した」と述べた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン