/

この記事は会員限定です

環境省、移転先は築半世紀 脱炭素旗振り役に皮肉な重荷

岩井淳哉

[有料会員限定]

だまされたという恨み節さえ聞かれる。環境省が2025年度に移転する先の旧日本郵政ビルの古さに頭を抱えている。

霞が関の官庁街での引っ越しは、国有財産を管理する財務省が借り受け庁舎を減らす計画の一環として17年に決まった。環境省は外局の原子力規制委員会が六本木の民間ビルに入るなど分散していたのを集約する。地下3階地上12階の広い建物でフリーアドレスを徹底するなど働き方改革も進める。

問題は1969...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り392文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

霞が関ノート

霞が関を日々取材する記者たちが政策づくりの現場の息づかいを伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン