/

この記事は会員限定です

改憲論議 識者に聞く 国民投票法改正案、今国会成立へ 

[有料会員限定]

憲法改正の手続きを定める国民投票法改正案が6日の衆院憲法審査会で可決された。自民、立憲民主両党は6月16日が会期末の今国会で成立させると合意した。衆院憲法審での可決の評価や改憲論議の展望について3氏に聞いた。

井上武史・関西学院大教授「緊急時の自由制約 明示を」

国民投票法改正案は2018年6月に国会に提出してから3年近くがたち、議論は尽くされている。今国会で速やかに成立させるのは当然だ。改正案は憲法改正の手続きを定め、いつでも改憲できる状況を整え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1479文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン