/

194自治体、GW中もワクチン接種 河野氏表明

閣議後会見に臨む河野規制改革相(6日)

河野太郎規制改革相は6日の閣議後の記者会見で、大型連休中に全国194の市区町村が高齢者向けのワクチン接種を実施する意向だと明らかにした。接種対象はおよそ50万人。河野氏は「ファイザーと調整してしっかり供給できるようにしたい」と語った。

政府は4月26日の週に各市区町村向けに1箱(1瓶5回打ち計算で975回分)ずつ配送する。これとは別に4月26日から5月9日までに4000箱(390万回分)を配送する計画で、大型連休中の接種を希望している自治体に向けて配送するため、接種の意向を調査していた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン