/

岸田首相「被爆の実相伝える」 広島サミットで

(更新)

岸田文雄首相は6日、広島市で記者会見し2023年の主要7カ国首脳会議(G7サミット)に向け「被爆の実相をしっかりと伝えることは『核兵器のない世界』への出発点だ」と述べた。「普遍的価値と国際ルールに基づく新たな時代の秩序づくりをG7が主導していく」と意気込んだ。

G7首脳による原爆資料館の見学や被爆者との面会を実施するか問われ「来年まで時間がある。各国と調整しなければいけないので今の段階で具体的な日程は確定していない」と答えた。

「核軍縮を巡る国際社会の分断の深まりや(ウクライナに侵攻した)ロシアの核兵器による威嚇などにより、『核兵器のない世界』に向けた道のりは一層厳しいものになっている。強い危機感を持っている」と強調した。

「国際的な機運は後退している。再び盛り上げ、『核兵器のない世界』に向け一歩一歩、歩みを進めるために全力を尽くす」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン