/

この記事は会員限定です

インフルにネット診療活用 厚労省検討、コロナ陰性なら

[有料会員限定]

厚生労働省は新型コロナウイルスと季節性インフルエンザへの患者対応をめぐり、重症化リスクの低い人を中心に発熱後は自己検査とオンラインでの診療を促す検討に入った。今年冬に予想される同時流行に備える。感染者の急増で発熱外来に患者が殺到し、医療現場が混乱するのを防ぐ狙いがある。

政府内で来週にも対策の詳細を決める。コロナ感染が疑われる発熱患者は現在、高齢者や妊婦など重症化リスクが高い人は発熱外来の受診を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り724文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン