/

この記事は会員限定です

首相所信表明、「分配」半減 キーワード分析

10月の前回演説と比較 「デジタル・賃上げ」は増加

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

岸田文雄首相が6日の所信表明演説で用いた言葉を分析すると、10月の衆院選を経て政権が重視する政策の見せ方に変化がうかがえる。10月8日の演説で12回使った「分配」は半減し、10月は一度も使わなかった「改革」を2回用いた。具体的な政策では19回登場した「デジタル」や8回の「賃上げ」が目立った。

キーワードの登場頻度や特異性などを文字の大きさで示す「ワードクラウド」の手法を使って演説の特徴を可視化した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1048文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン