/

この記事は会員限定です

G7の国際課税合意、サプライズ生んだ「リアル会合」

[有料会員限定]

米IT(情報技術)大手などを対象とする国際課税の新ルールを巡って具体的な数値基準を明示した主要7カ国(G7)財務相会合の5日の共同声明は、世界中で驚きをもって受け止められた。年央をめざしている新興国なども含めた国際的な最終合意が実現すれば、税制という国家主権の根幹部分で初めて本格的な国際協調が実現する。G7はなぜ踏み込めたのか。

「ちょっとそこの角で話しませんか」。舞台となったロンドンの英外務省公...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1738文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン