/

高齢者3回目接種、2月終了には1日100万回必要 厚労相

後藤茂之厚生労働相は6日のフジテレビ番組で、新型コロナウイルスワクチンの3回目の接種の進捗速度について、高齢者への接種を2月中にほぼ終えるには1日100万回を打つ必要があるとの認識を示した。3回目接種を巡っては全国の自治体の97%が2月末までに希望する高齢者への接種を終えると回答している。

後藤氏は2月中に2500万人程度に接種する必要があるとした上で、「非常に速いスピードのところでは(1日に)100万人ぐらい打たないと、回答した数字には行き着かない」と述べた。「どう目標として提示するかは一つの考え方だが、少なくともそういうスピードでいきたい」と強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン