/

サル痘3例目、初の国内感染例か 米軍基地で確認

厚生労働省は5日、日本で3例目となるサル痘の感染者を確認したと発表した。東京都の20代男性で、在日米軍横田基地の所属という。直近の海外渡航歴はなく、国内で感染した疑いのある初めてのケースとなる。厚労省が感染経路や接触者などを詳しく調べている。

発症前に海外から短期訪問中の人と接触したという。頭痛や身体の痛み、発疹などの症状があり、基地内の医療機関を4日に受診し、5日に陽性が判明した。現在は基地内で入院している。国籍は明らかにしていない。

サル痘は7月下旬に都内で2人の感染者が確認された。いずれも渡航歴があり、海外で感染したとみられる。

国内では国立感染症研究所や地方衛生研究所でPCR検査を実施可能なほか、サル痘に効果が期待される天然痘のワクチンや治療薬の投与体制を整えている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン