/

この記事は会員限定です

衆院選当選、新人は平均2割 長期政権は新旧交代に壁

チャートで読む政治 議員(7)

[有料会員限定]

衆院選のたびに議員の交代はどれだけ起こるのか。現行憲法下で実施した25回の衆院選の当選者に占める新人の比率の平均を出すと19.8%になる。元職の10.5%をあわせ、おおむね3割が入れ替わっている計算になる。

新人の割合が最も大きいのは現行憲法下で最初に実施された1949年衆院選で41.2%だった。少数与党だった民主自由党が吉田茂首相のもとで勝利した。

最小は史上初の衆参同日選だった80年の6.8%...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り664文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

チャートで読む政治

議員や政党、選挙などのデータをもとに政治の状況を読み解きます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン