/

東京・大阪にも「まん延防止」適用検討を 公明代表

公明党の山口那津男代表は5日、政府が沖縄県に新型コロナウイルス感染の「まん延防止等重点措置」を適用する場合、同様に感染者が急増している東京都や大阪府などにも重点措置の適用を検討すべきだとの考えを示した。

沖縄県浦添市で記者団に「首都圏や近畿圏でも感染が急拡大している。状況が類似した都道府県への対応はばらばらにならないのが望ましく、その方が国民へのメッセージ効果も大きい」と語った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン