/

この記事は会員限定です

「子ども庁」へ関連部局統合 自民検討、22年発足目指す

児童虐待対策など一元化 少子化対策を推進

[有料会員限定]

自民党は子育て政策の司令塔となる「子ども庁」創設に向けて厚生労働、文部科学両省と内閣府の関連部局の統合を検討する。首相の直属機関として閣僚を置き、待機児童の解消や児童虐待対策などを一元的に扱う。効果的な政策運営で少子化対策につなげる。2022年度の発足を目指す。

同党は菅義偉首相(党総裁)の指示を受け、二階俊博幹事長をトップとした検討組織を14日にも発足させ議論に入る。次期衆院選の公約に掲げたうえ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1893文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン