/

中小企業に保証付き融資、熱海災害で支援策 経産省

経済産業省は5日、土石流による災害が発生した静岡県熱海市の中小企業を支援すると発表した。信用保証協会が返済を全額保証することで企業が金融機関から融資を受けやすくする「セーフティネット保証」を利用できるようにする。政府系の金融機関による支援も用意し、被災企業へ低金利で貸し付けるほか、すでに借りている融資の返済猶予も要請する。

災害の影響で売り上げが減少した企業をセーフティネット保証の対象とし、最大2億円の融資の返済を保証する。事前相談は6日から受け付ける。

被災した企業向けに、日本政策金融公庫や商工組合中央金庫などの政府系金融機関を通じて「災害復旧貸し付け」も用意する。運転資金または設備資金として最大1億5000万円を低金利で融資する。運転資金は最大10年、設備資金は最大15年の貸し出しとなる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン