/

ファイザー製、9月までに600万回分供給増へ 河野氏

河野太郎規制改革相は5日の記者会見で、米ファイザー社の新型コロナウイルスワクチンについて、7~9月分の供給量を600万回分増やすことで同社と合意したと発表した。増加分を都道府県に供給し、接種ペースが速く追加のワクチンを必要とする市区町村への配分を促す。

政府は6月末までに1億回分、7~9月に7000万回分、10~11月に2000万回分を同社から供給を受ける計画だった。今回の積み増しにより、7~9月分が7600万回分に増える。600万回分は8~9月の接種ペースを1日あたり10万回増やす効果がある。

河野氏は10月以降に供給を受ける予定だった2000万回分のうち600万回分を前倒しする。首相は10~11月の早期に希望する国民すべての接種を終える計画を立てており、加速を目指す。

7月以降、接種が進む自治体からワクチン不足を懸念する声があがり、政府は同社と供給の積み増しについて交渉してきた。菅義偉首相は7月、都内で同社のアルバート・ブーラ最高経営責任者(CEO)と会談した。首相は同社が10月以降に予定している供給量の前倒しを要請していた。

政治・外交 最新情報はこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン