/

この記事は会員限定です

商標出願急増の裏にAmazon 知財制度の啓発効果

西野杏菜

[有料会員限定]

横浜市のみなとみらい特許事務所で「アマゾンのため」の商標出願が増えている。足元で寄せられる出願依頼の1割程度を占めるという。「1社のサービスだけで商標登録の出願数が急増するのは異例」と同事務所の弁理士は驚きを隠せない。

米アマゾン・ドット・コムは出品者が自身のブランドを登録できる制度を設け、利用を呼びかけている。模倣品の販売など出品者の権利侵害が起きるのを防ぐのが狙いだ。登録すると一部の目立つ広...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り599文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

霞が関ノート

霞が関を日々取材する記者たちが政策づくりの現場の息づかいを伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン