/

レジ袋辞退率、有料化で7~8割に 環境省

レジ脇に置かれた有料のレジ袋(東京都練馬区のいなげや練馬関町店)

2020年7月のレジ袋有料化以降、スーパーマーケットなどで受け取りを辞退する人の割合が8割に上ることが環境省のとりまとめでわかった。レジ袋の流通量自体が35%減少したとする推計もあるという。同省は「有料化はレジ袋の使用量削減に大きな効果があった」とみている。

小泉進次郎環境相が5日、参院決算委員会で明らかにした。同省がレジ袋の消費量が多いスーパーやコンビニ、ドラッグストアの業界団体にヒアリングしたところ、スーパーでは有料化前の辞退率が57%だったが有料化後は80%に上昇した。コンビニは23%から75%に上がった。ドラッグストアでは使用量が84%減った。調査会社の推計データでは、国内の流通量が19年の20万トンから20年は35%減の13万トンになったという。

レジ袋などの使い捨てプラスチックは、ゴミが海に流出して魚や鳥などの生態系に悪影響を及ぼすほか、燃やすと温暖化ガスが発生するため地球温暖化の観点からも環境負荷が大きい。使用量を減らすには消費者の行動変化が必要で、環境省は20年7月からレジ袋を有料化した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン