/

この記事は会員限定です

中小給付金、不正横行の後始末 「おかわり」にやきもき

江渕智弘

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

岸田文雄政権の発足に霞が関で最も気をもんでいる組織の一つかもしれない。経済産業省の別館に7月にできたばかりの「訟務・債権管理室」は警察庁、法務省、国税庁からもメンバーを集めた総勢20人ほどの混成部隊だ。

新型コロナウイルスの感染拡大で配った中小事業者向け給付金の不正受給の調査や回収を担う。「取引先が関与しているようだ」といった匿名の通報が入ったり、警察から「この受給者について情報をください」という...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り983文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン