/

この記事は会員限定です

文通費「各党と協議枠組み」 自民幹事長

[有料会員限定]

自民党の茂木敏充幹事長は5日の党役員会で、国会議員の文書通信交通滞在費(文通費)の使途公開などに関し各党と協議する枠組みの創設に意欲を示した。「日割りの問題や文通費の対象をどこまでにするか、共通認識をつくっていく必要がある」と述べた。

茂木氏が役員会後の記者会見で明らかにした。高...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り139文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン