/

この記事は会員限定です

脱炭素へ「専門店」議連 原発からバッテリーまで

政界Zoom

[有料会員限定]

政府は2050年までに温暖化ガス排出量を実質ゼロにするカーボンニュートラル(炭素中立)の達成を目標に掲げる。菅義偉前首相の方針を岸田文雄首相も受け継いだ。政府を後押ししようと与党の議員がさまざまな専門分野で脱炭素の政策の立案を模索する。議員連盟の動きを追った。

「原子力に向き合わなければいけないのは厳然たる事実」。自民党で原発の建て替え(リプレース)を推進する安倍晋三元首相らは脱炭素社会実現と国力維持・向上のための最新型原子力リプレース推進議連...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2452文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン