自衛隊「2カ月で弾切れ」 有事想定足りぬ装備・施設 - 日本経済新聞
/

この記事は会員限定です

自衛隊「2カ月で弾切れ」 有事想定足りぬ装備・施設

防衛費の研究②

(更新) [有料会員限定]

日本の防衛費は人件費・糧食費と維持費が6割を占める。現状を保つだけで巨額の費用がかかり、さらに戦闘機や艦艇などの取得や更新の予算もかさむ。その裏に有事に不可欠な弾薬や施設が手薄になる問題が潜む。

ロシアによるウクライナ侵攻は戦い続ける「継戦能力」の重要さを浮き彫りにした。ロシアが攻撃を始めて5カ月ほどウクライナは戦闘を継続している。もし短期間で敗れていれば米欧の支援を前にロシアの行為が既成事実に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1057文字

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません