/

この記事は会員限定です

ワクチン再開、在庫活用課題 100万~120万回維持探る

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

新型コロナウイルスのワクチン供給が追いつかず、一時停滞した自治体接種が徐々に再始動している。ピーク時より減速したが安定的に100万~120万回ペースを維持し、10~11月の接種完了を目指す。2カ月先まで予約が埋まる自治体もあり、打てずにいる人は多い。在庫や偏在を解消し、現役世代の接種率を向上することが感染抑止に不可欠だ。

「1日120万回を目安に最適化してほしい」。

河野太郎規制改革相は7月、政府...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1659文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン