/

日韓外相「関係改善に向けた認識共有」 茂木氏

(更新)
日米韓外相会談に臨む茂木外相=5日、ロンドン(共同)

茂木敏充外相は5日夜(日本時間6日未明)、訪問先のロンドンでオンラインの記者会見を開いた。5日午前に開いた日韓外相会談について「『日韓関係をこのままにしておいてはいけない』という認識の共有はできた」と述べた。

日韓外相による対面での会談は2020年2月以来となる。茂木氏は元徴用工や元従軍慰安婦の問題で国際法違反を是正するよう改めて求めた。韓国側から歩み寄りはなかったが「外相間で率直な意見交換をしていきたい」と対話継続に意欲を示した。

日米韓の外相会談では「北朝鮮に対し、国連安全保障理事会決議の義務に従うよう求めることで一致した」と述べた。国連安保理決議は「完全で検証可能かつ不可逆的な非核化」を求めている。

5日夕に閉幕した主要7カ国(G7)外相会合は安全保障や人権問題で中国への懸念を明示する共同声明を採択した。茂木氏は「東シナ海や南シナ海の情勢、海警法をめぐる動きを私から問題提起した」と明らかにし「各国から賛同してもらっている」と語った。

新型コロナウイルスへの対応で日本が実施している緊急支援円借款は最大5000億円から最大7000億円に拡充すると表明した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン