/

この記事は会員限定です

首都の自民浮沈、衆院選占う 議席4割が国政選勝利の目安

チャートで読む政治 選挙(10)

[有料会員限定]

7月4日投開票の東京都議選まで2カ月を切った。秋までにある衆院選の前哨戦として各党が力を入れる注目の選挙になる。都議選は直後の国政選挙を占う。過去30年をみると都議選で自民党が全体の4割程度の議席を占有した年は大型国政選挙でも勝利する傾向が浮かび上がる。

平成になった1989年以降、都議選と衆院選、参院選を同じ年に実施したのは7回ある。このうち都議選の自民党の議席占有率が四捨五入で4割に届いた3回...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1190文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

チャートで読む政治

議員や政党、選挙などのデータをもとに政治の状況を読み解きます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン