/

この記事は会員限定です

公務員給与、3年ぶり上げ勧告 一部受験年齢は引き下げ

人事院、人材確保へ試験も前倒し

[有料会員限定]

人事院は8日、2022年度の国家公務員一般職の月給とボーナスを3年ぶりにともに上げるよう国会と内閣に勧告した。民間との給与格差の是正に加え、人材を確保しやすくするため、公務員試験の一部の受験年齢の引き下げや試験期間の前倒し案なども報告した。

月給は平均921円、ボーナス(期末・勤勉手当)は年間で0.1カ月分それぞれ引き上げる。

大卒の初任給を3000円、30歳代半ばまでの若手の月給も上げる。それ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り446文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン