/

この記事は会員限定です

子ども庁は内閣府外局に 政府検討、幼稚園は文科省所管

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

政府は子どもに関わる政策を一元管理する「子ども庁」の創設に向け議論を再開する。内閣府の外局と位置づけて担当閣僚を置き、厚生労働省が所管する保育や児童虐待防止、内閣府の子供の貧困や少子化対策などを移す方針だ。幼稚園は文部科学省に残す方向で調整している。

子ども庁は「縦割り行政の打破」を重視した菅義偉前首相が掲げた。各省庁に分かれる予算や人員をまとめ、子どもの成長に応じて切れ目なく支援する司令塔となる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り765文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン