/

この記事は会員限定です

新閣僚、またがる担当領域 新しい資本主義や経済安保

[有料会員限定]

岸田文雄首相は政策会議や閣僚の担務を再編する。看板政策づくりを担う「新しい資本主義実現会議」や経済安全保障政策の司令塔となる経済安保相を新設した。複数の閣僚らにまたがる分野が目立ち調整は不可欠だ。どうやって円滑に意思決定できる仕組みにするかが急務となる。

「新しい資本主義実現会議」は山際大志郎経済財政・再生相が所管する。首相は「成長と分配の好循環」を唱え「新しい資本主義」の柱に据える。成長戦略と中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1453文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン