/

火力発電「事故防止に万全を」 経産相が電力会社に要請

萩生田光一経済産業相は5日の閣議後の記者会見で、火力発電所でトラブルが相次いだことについて「5日に改めて電力会社に事故防止に万全を期すよう注意喚起するとともに原因の早期究明を求める」と述べた。夏場の電力不足が懸念されるなか、保安を徹底して供給力の低下を防ぐ。

2日に東京電力ホールディングス中部電力が折半出資するJERAの千葉火力発電所(千葉市)で、3日は東北電力の東新潟火力発電所(新潟県)でそれぞれ火災が発生した。いずれもすぐに消火されたものの、発電所が一時停止したり、出力が低下したりし、電気の供給量が落ちている。

今回は需給への影響は軽微だったものの、萩生田氏は「ぎりぎりの体制で火力発電所を動かしているので、管理点検を改めて徹底したい」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

電力不足

電力需給の逼迫で夏と冬の電力不足が懸念されています。最新ニュースや解説をまとめました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン