/

野党 甘利氏金銭問題で初会合、国会説明を要求

立憲民主党など野党は5日、国会内で自民党の甘利明幹事長を巡る金銭授受問題の「追及チーム」を開いた。甘利氏にさらに説明を求める声が相次いだ。

甘利氏は同日の記者会見で「説明責任も含めて責務を果たし終えたと考えている」と述べた。同氏はこれまでも地検特捜部OBに調査を依頼したと話してきた。

野党の会合では、法務省や都市再生機構(UR)の担当者らに当時の経緯などを聴取した。立民の山井和則氏は甘利氏側に調査の結果を公表するよう要請したと報告した。現時点で回答がないため、国会で説明するよう求めた。

甘利氏を巡っては2016年に元秘書が千葉県の建設会社から現金を受け取るなどしていたことが判明した。同氏は現金を受領したと認め、経済財政・再生相を辞任した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン