/

斉藤国交相、Go To再開を検討 訪日客6000万人は堅持

think!多様な観点からニュースを考える

斉藤鉄夫国土交通相は5日の閣議後の就任記者会見で、新型コロナウイルスの感染状況を見極めながら観光需要喚起策「Go To トラベル」の再開時期を検討する考えを示した。2030年までに訪日客を6000万人に増やす目標は堅持すると明言した。

Go To事業は新型コロナの感染拡大によって20年末に全国一律で停止し、再開の是非を巡っては自民党総裁選でも論点となった。斉藤氏は「感染拡大防止の徹底と観光振興の両立を実現することが重要だ」と強調。Go To事業について「再開のタイミングや内容について検討していく」と話した。

訪日客数は19年に3188万人まで増えたが、コロナ禍が直撃した20年は入国規制などによって411万人まで激減した。斉藤氏は「観光は国の成長戦略の柱で地方創生の切り札だ」と指摘し、6000万人の目標達成に向けて政府一体で注力すると訴えた。カジノを含む統合型リゾート(IR)も重要施策に位置づけると述べた。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン