/

この記事は会員限定です

コロナ特例債、利回りゼロで需要5倍 マイナス金利回避で

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍による2020年度の地方税の減収を穴埋めするため、総務省が特例で発行を認める1年物の共同地方債の発行条件が決まった。応募者利回りは地方債史上最低の0%で、投資需要は発行額の約5倍に達した。日銀の当座預金のマイナス金利適用を避けたいメガバンクなどが投資する。

共同地方債は複数の自治体が連帯債務を負って発行する債券で、これまでは10年債しかなかった。総務省は、コロナ禍を受けた地方税の徴...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り676文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン