/

この記事は会員限定です

自民、都議選失速で経済対策急ぐ 五輪や保守層意識

[有料会員限定]

自民党は4日投開票の東京都議選で公明党と合わせて過半数に届かなかった。大勝して秋までに実施する衆院選へ弾みをつける想定が狂った。党内の衆院選への焦りを踏まえ、経済対策づくりを急ぐ。東京五輪・パラリンピックの開催方式を巡る世論や保守層の動向も意識する。

「みんなその方がいいと思っています」。自民党幹部は5日、菅義偉首相(党総裁)に東京五輪を無観客で開くよう進言した。

都議選で小池百合子知事が特別顧問を務める地域政党「都民ファーストの会」は無観客開催を唱え、共産党は五輪中止...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り975文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン