/

中国無人機、沖縄周辺の演習地域を飛行 防衛省発表

防衛省は5日未明、4日午前から夜にかけて中国の偵察型無人機「BZK005」1機と偵察・攻撃型無人機「TB001」1機が沖縄県周辺を飛行したと発表した。中国の無人機と推定する他の1機も台湾北東沖の上空を旋回した。いずれも中国が設定した軍事演習の対象地域の空域を飛んだ。

BZK005とTB001は沖縄本島と宮古島の間を南下してから台湾東部や南部に向かい、再び沖縄本島と宮古島の間を通って東シナ海に戻った。航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)して対応した。

3機はそれぞれ別の軍事演習の対象地域を飛行した。情報収集などにあたったとみられる。

岸信夫防衛相は4日夜、中国による計9発の弾道ミサイル発射を確認し、うち5発が日本の排他的経済水域(EEZ)内に落ちたもようだと明らかにした。無人機が飛行したのは弾道ミサイルが落下した対象地域を含む。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン