/

「強制力伴う法改正を」自民・下村氏 外出禁止令を例示

記者会見する自民党の下村政調会長

自民党の下村博文政調会長は4日のBSフジ番組で、新型コロナウイルスの感染拡大の防止に向けた法整備の議論が必要だとの考えを示した。「インド型(デルタ型)の拡大によっては、より強制力を伴った法改正について議論するのは当然だ」と述べた。

具体的な論点としては、個人への自粛要請にとどまらず、罰則も伴う「外出禁止令」などを例示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン