/

この記事は会員限定です

岸田首相、広島・長崎で核軍縮主張 抑止力と両立探る

(更新) [有料会員限定]

岸田文雄首相は9日、原爆投下から77年を迎えた長崎市で「核兵器のない世界」をめざす考えを強調した。2023年に広島市で開く主要7カ国首脳会議(G7サミット)に向け核軍縮の発信を強める。

中国やロシアの核による脅威を踏まえ、米国に頼る核抑止力と両立する道筋を探る。

「非核三原則を堅持しつつ厳しい安全保障環境という現実を『核兵器のない世界』という理想に結びつける努力を行っていく」。首相は9日の長崎原...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1127文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン