/

内閣官房参与、今井・飯島両氏ら8人再任 岸田首相

(更新)

岸田文雄首相は4日、安倍晋三元首相の首相補佐官だった今井尚哉氏ら8人を内閣官房参与に任命した。菅政権の11人のうち3人を除いて再任した。今井氏はエネルギー政策などを担う。

特命担当で小泉純一郎元首相の秘書官だった飯島勲氏、感染症対策の岡部信彦・川崎市健康安全研究所長、経済・金融の熊谷亮丸・大和総研副理事長、外交の宮家邦彦・キヤノングローバル戦略研究所研究主幹も引き続き参与を務める。

デジタル政策の村井純・慶大教授、国際経済の岡村健司・前財務省財務官、安定的な皇位継承などの担当の山崎重孝・前内閣府次官も残る。

国際協力機構(JICA)元理事の木山繁氏と経団連元副会長の中村芳夫氏、慶大の岸博幸教授は退職した。

内閣人事局長を栗生俊一官房副長官が兼ねる人事も決めた。

政治・外交 最新情報はこちら

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン