/

この記事は会員限定です

旧統一教会に解散命令「慎重」 代表質問で岸田首相答弁

山際経財相の更迭は拒否 「関係断絶、地方議員も徹底」

[有料会員限定]

岸田文雄首相の所信表明演説への与野党の代表質問が5日、衆院本会議で始まった。野党は世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の問題などで政府・自民党の対応を追及する。首相は答弁で教団の解散命令に関し、慎重に判断する必要があるとの認識を示した。

立憲民主党の泉健太代表は5日の代表質問で、旧統一教会と自民党の関係について首相に明確な説明を求めた。「多くの被害者が今も苦しんでいる。自民党内では特に安倍派が深く...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1088文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません