/

自衛隊の大規模接種、27日分まで予約可能に 来週から

記者会見する中山防衛副大臣(4日、防衛省)

防衛省は4日、自衛隊が運営する新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターで申し込みの運用を変更すると発表した。来週から27日接種分までの予約をまとめて受け付ける。東京会場は7日午前11時ごろ、大阪会場は同日午後1時ごろから予約を可能とする。

これまでは次週に接種する分までの予約しか受け付けていなかった。利便性を高め利用を促す。

東京、埼玉、千葉、神奈川、大阪、京都、兵庫の7都府県に住む65歳以上の高齢者を対象とする。予約には自治体が配布する接種券が必要になる。

28日以降はセンターで既に1回接種した人の2回目の接種が本格的に始まる。中山泰秀防衛副大臣は4日の記者会見で「28日以降は1回目の枠が非常に少なくなる」との見通しを示した。利用希望者は27日までに1回目の予約をするよう呼びかけた。

予約枠の数は東京は1日あたり1万人、大阪は同5000人とする。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン