/

この記事は会員限定です

独艦が20年ぶり日本寄港 太平洋で共同訓練、対中国鮮明

(更新) [有料会員限定]

ドイツ海軍のフリゲート艦「バイエルン」が5日、東京に寄港した。ドイツ艦艇の来日はおよそ20年ぶりとなる。今年に入りフランスや英国なども日本周辺に艦艇を派遣しており、欧州の対中姿勢の変化が鮮明となっている。

海上自衛隊は4~5日の間、関東南方の太平洋上でドイツ海軍と共同訓練を実施した。海自の護衛艦「さみだれ」とバイエルンが互いの練度を高めた。バイエルンは5日午後に東京国際クルーズターミナル(東京・江...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り920文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン