/

消費支出、2月1.1%プラス 2カ月連続

(更新)

総務省が5日発表した2月の家計調査によると、2人以上世帯の消費支出は25万7887円と、物価変動の影響を除いた実質で前年同月比1.1%増加した。前年同月を上回るのは2カ月連続。新型コロナウイルスの感染拡大で緊急事態宣言が出ていた前年同月からの反動が大きかった。

品目別では、昨年春の携帯電話通信料の引き下げを受けた乗り換え需要の拡大で携帯電話機器の好調が続き「交通・通信」は11.4%増だった。「教養娯楽」は5.6%増だった。

「食料」は3.6%減だった。多くの地域でまん延防止等重点措置が適用され、外食需要が減少した。「家具・家事用品」は5.0%減、「住居」は5.3%減だった。

消費者物価の上昇を反映し、物価の影響を考慮する前の名目ベースと実質に差も出た。名目の消費支出は前年同月比2.2%増と実質(1.1%)より上昇率が高かった。エネルギー価格の上昇があった「光熱・水道」は名目では17.5%増だったが、実質では1.9%増にとどまった。

新型コロナ感染拡大前の2019年2月と比べると、消費支出は5.9%減とコロナ前の水準には戻っていない。食事代は33.8%減、鉄道運賃が60.3%減となった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン