/

中国軍事演習「重大な問題」 岸田首相、ペロシ氏と面会

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

岸田文雄首相は5日、首相公邸で開いた朝食会でペロシ米下院議長と1時間ほど面会した。中国が4日に始めた台湾周辺での軍事演習を巡り「日本の安全保障や国民の安全に関わる重大な問題だ」とペロシ氏に伝達した。台湾海峡の平和と安定の維持へ引き続き日米で協力すると確認した。

首相が面会後、首相官邸で記者団に明らかにした。中国はペロシ氏の台湾訪問に反発しミサイル発射などの演習を開始した。首相は日本が中国に非難・抗議し即刻、演習を中止するよう求めたと同氏に伝えた。

ミサイルが日本の排他的経済水域(EEZ)を含む日本の近海に落下したと指摘し「地域や国際社会の平和と安定に深刻な影響を与える」とも説明した。

両氏は日米同盟の強化や「自由で開かれたインド太平洋」に関して話し合った。首相は同盟強化のためのペロシ氏のリーダーシップと米議会の支援に期待すると述べた。

両氏は北朝鮮情勢やロシアによるウクライナ侵攻を巡っても協議した。「核兵器のない世界」の実現に向けた取り組みも意見交換した。

日本側は木原誠二官房副長官や中谷元、寺田稔両首相補佐官、外務省幹部が同席した。米国側はラーム・エマニュエル駐日大使や下院議員らが参加した。

首相は面会の冒頭、ペロシ氏と笑顔で握手した。写真撮影後、首相が英語で話しかけながら朝食会の会場に案内した。ペロシ氏は5日に衆院本会議を傍聴し、細田博之衆院議長とも会う予定だ。

ペロシ氏は1日にシンガポールに到着後、マレーシアと台湾、韓国を訪れた。日本が最後の訪問先となった。

中国はペロシ氏の台湾訪問に反発し、4日に台湾を取り囲むように軍事演習を始め、台湾東部沖へ複数のミサイルを発射した。岸信夫防衛相は同日、日本のEEZ内に5発落下したもようだと発表した。

ニューズレター

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン