/

首相、GoTo再開時期「慎重に考える」 変異型対応優先

岸田文雄首相は4日、国内旅行の需要喚起策「Go To トラベル」の再開時期について「慎重に考えていくべき課題だ」と述べた。新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」への対応が「最優先だ」と言明した。

三重県伊勢市内での年頭の記者会見で語った。感染症などの専門家の意見を参考に年末年始の状況を踏まえて判断する考えを示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン