/

この記事は会員限定です

最低法人税率、年央決着へ低税率国との調整難路

[有料会員限定]

英国で開かれていた主要7カ国(G7)の財務相会合で、法人税の最低税率を15%より上の水準にする案で一致した。G7の協議前進に伴い関係国が目指す2021年半ばの合意に弾みがつく。過度な法人税引き下げ競争は大きな転機を迎え、今後はアイルランドなどの低税率国から同意を得られるかが焦点になる。

財務相会合は意思決定の場ではないが、今後の交渉に大きな影響を与えることは確かだ。最終的な合意には経済協力開発機構...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1040文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン