/

沖縄、まん延防止要請なら「速やかに検討」 官房長官

松野博一官房長官は4日、新型コロナウイルス対策を巡り沖縄県の玉城デニー知事と電話で協議した。松野氏は「沖縄県からまん延防止等重点措置の要請が正式に出された場合は速やかに検討する」と伝えた。

松野氏が同日、首相官邸で記者団に明らかにした。松野氏は「沖縄県の感染状況を懸念している」と述べた。同県は4日、県内で新たに225人の感染者を確認した。

松野氏は「予防、検査、治療を県とよく連携して進めたい」と強調した。ワクチンの在庫を活用し接種の前倒しを進める。県に検査会場と経口治療薬を処方できる医療機関や薬局の拡大を求めた。

米軍キャンプ・ハンセン(沖縄県金武町など)でのクラスター(感染者集団)の発生を踏まえ、日本を訪れる米軍関係者らに出入国時の検査を徹底させたと明らかにした。

電話協議で玉城氏は「専門家の意見を聞いた上でまん延防止等重点措置の要請を検討する」と松野氏に説明したという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン