/

規制庁新長官、原発審査効率化へ「事業者から提案募る」

1日付で原子力規制庁の長官に就いた片山啓氏は4日午後の記者会見で、原子力発電所の再稼働に必要な安全審査を効率化するために「事業者から具体の提案を募りたい」と述べた。「安全性に妥協は許されない」とも強調し、事業者に求める基準を緩和することはないとの考えを示した。

2011年に事故を起こした東京電力福島第1原発と同型の原発は審査期間が長くなっている。片山氏は「安全上重要なものの審査にどう資源を集中させるか、広い意味での効率性を考えなければいけない」と説明した。

片山氏は経済産業省の旧原子力安全・保安院の出身。規制庁が原発推進にかじを切るとの懸念に対して「少なくとも規制庁に入って推進行政はやったことがない。経産省の同期会にも行かなくなった。これからの行動を見て判断してほしい」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン