/

首相、通常国会前の外国訪問見送り

(更新)

岸田文雄首相は4日に「国内の新型コロナウイルス対策に万全を期すため、通常国会前の外遊はおこなわないこととした」と述べた。政府・与党は通常国会を17日に召集する方針だ。首相は米国やオーストラリアへの訪問をさぐってきた。三重県伊勢市内での年頭の記者会見で話した。

2022年中の実現を模索する。「今年は対面での首脳外交を積極的に進める年としていく」と強調した。

インドのモディ首相との会談も目指す。「日米豪印の協力をさらに高みに引き上げるべく首脳レベルで膝を交えた緊密な意見交換をおこなっていく」と語った。

日米豪印の協力の枠組み「Quad(クアッド)」は22年の首脳会談を日本で開く方向で調整する。首相はクアッドの各国との関係を重視する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン