/

この記事は会員限定です

コロナ対策に初入閣3人 厚労省の壁、閣僚経験ゼロで対処

[有料会員限定]

4日に発足した岸田文雄内閣は新型コロナウイルス対策を初入閣組が担う。中心となる厚生労働相は無派閥の後藤茂之氏を起用した。安倍晋三、菅義偉両政権は厚労省を十分に監督できず後手に回ったと批判を浴びた。閣僚経験がない陣容で万全の対応をとれるか不安視する声もある。

緊急事態宣言に関する法律を所管する経済財政・再生相は山際大志郎氏が就いた。感染拡大が始まった2020年春から担当していた西村康稔氏は交代する。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り894文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン