/

この記事は会員限定です

「日本に閉塞感、海外大学へ」 開成中高前校長・柳沢氏

成長の未来図 識者に聞く

[有料会員限定]

難関高校から国内の有名大学へ、といった敷かれたレールに飽き足らず、野心を抱いて海外大学を目指す若者が増えてきた。開成中学校・高等学校の校長を2020年まで務めた柳沢幸雄氏は生徒たちの海外進学を支えた。

――難関校として知られる開成高校の生徒はこれまで、国内有名大への進学が定石でした。

「一部の若い人は『能力が高くても自分の人生はいまの日本では描けない』と考え始めているのだろう。背景にあるのが社会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り603文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

成長の未来図

世界が危機にぶつかっている。成長の鈍化が資本主義への不信を生み、民主主義の土台が揺らぐのを尻目に、権威主義の脅威がロシアのウクライナ侵攻といった形で噴出する。分断による危機に襲われた世界は成長の道筋に復帰できるのか。未来図を描く難易度は高まっている。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

速報

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン