/

この記事は会員限定です

抗体カクテル、運用確立が急務 自宅療養者の重症化防ぐ

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

軽症、中等症向けの新型コロナウイルス治療薬「抗体カクテル療法」を自宅療養者に使う体制の確立が焦点になっている。厚生労働省は入院患者に限る方針だったが、感染急拡大で重症者やそのリスクのある人以外は原則「自宅」で療養する方針に変わった。薬の効果を発揮するには、短期入院や外来などで投与を進める必要がある。

抗体カクテル療法は中外製薬が製造販売元の点滴薬で、重症化や死亡のリスクを7割減らす効果があるとされる。厚労...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1182文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン